阿蘇小国郷日記

Netcommons3で開設

国立情報学研究所が開発したNetcommons2によるホームページは,個人用や学会用に作成運営していて,結構なれているのだが,Netcommons3については,移行ツールもなく,同じサーバーで動作確認するのも,リスクがあり躊躇していたが,今回,別荘用にホームページを作成してみる機会に,勉強もかねてNC2ではなくNC3で開設してみた。

◆サーバーは,さくら のレンタルサーバー

◆インストールはNC2に比べて比較的簡単で,スピーディー

◆インストールで,とまどったこと

 ・imagickが無い・・警告。最終的に無くても問題ないと判断。インストールせず。

 ・MySQLは,インストール時に指定すれば,データベースが自動生成するような説明だが,うまくいかず。
  結局pHpMyAdminで,事前にデータベースを作成して,無事完了。

◆インストール後に感じたこと

 ・NC2がルートでなく,htdocs/の下にインストールされてしまうのに,NC3ではルートにインストール
  できるので,アドレスがシンプルになる。ただし,NC2でもルートにする方法はある。
  http://www.tarj.org/ で,実現している。

 ・全体に,字が大きい。管理メニューがNC2と全く違う。

0

梅雨明けしてないの?

長く続いた大雨の後,全国的な猛暑,九州南部は梅雨明けしたが,熊本も福岡も,猛暑なのに梅雨明け宣言はまだです。奥黒川・瀬の本エリアも日中は32度近くまであがるが,夜になると一気に20度前後まで下がり,熱帯夜とは縁がなく,さすが800mにある高原。
街中ではあまりきれいに咲いていなかったあじさいも,高地で遅れたためかきれいに咲いている。

  

きゅうに飛び出したとんぼ,あまり逃げない

 

0

遅かったホタル

17日に去年見に行った田の原温泉の田んぼ周辺では,あまり見られなかったので,18日小国の山川温泉のホタルの里温泉周辺のホタルを見に行ったが,温泉の方がいわく,先々週の週末がピークだった。いまは,1割近くとのこと。確かにチラホラはいたが,乱舞とはいかず,残念。来年に期待。ちなみにホタルの里温泉,少し熱かったな。

0

くじゅう扇ケ鼻の深山霧島

16日扇ケ鼻の深山霧島が満開らしいということで,牧ノ戸から扇ケ鼻(1698m)をめざす。平日でも混雑してるかもと思ったが,牧ノ戸駐車場に8時半でも,まだ空いていたラッキー。8時40分に出発,展望台から沓掛山までは舗装面や木階段などで,比較的楽な登り,沓掛山の頂上付近は,岩場越え,はしごを降りたり,くさりを持ちながら登ったり,結構楽しい。沓掛山をおりてからは,扇ケ鼻分岐点までは尾根道のだらだら登り(1)。ようやくついた分岐点を右へ扇ケ鼻にと登る。少し上ったところで,最後の登り斜面(2),斜面一面に,深山霧島が満開。こんな風景は初体験。ここの登り,そんなにきびしくはないけど,石と砂がまじっていて,すべりやすい(帰途に,すべって尻餅をついた)。登った後は,一面の花の間をのんびり散歩状態,後ろに久住山,星生山,左手には阿蘇根子岳(5),赤川への分岐点を過ぎると本当の頂上。一般的な所要時間90分と書いているものも多いが,さすが初心者で年寄りのわれわれ,ほぼ120分で到着。でも頂上からの展望もすばらしく,思ったほど息も上がらなかったので,初心者におすすめ。

 

1.沓掛山から星生山       2.扇ケ鼻を見上げる       3.頂上付近から久住山     

4.頂上付近から星生山       5.阿蘇根子岳          涌蓋山
  

0

くじゅう扇ケ鼻で見た山野草

扇ケ鼻にのぼっている途次,目的の深山霧島以外の山野草をいくつか。ちなみに岩鏡とツクシドウダンは,途次山野草好きの女性グループに教えてもらった。笹の花は,沓掛山を下りたところに群生。俗説で60年に一回とかいわれているが,実際には確認されていないので,長いけど正確にはわからないらしい。もちろん不吉なことというのは,単なる迷信である。

  イワカガミ 

 ウスノキ              舞鶴草            イワカガミ 

ツクシドウダン ツクシドウダン 竹の花

 ツクシドウダン         ツクシドウダン         竹の花

 

0

くじゅう指山の深山霧島

くじゅう連山の中では,低標高なため目立たないが,初心者には登りやすいらしい指山の深山霧島を見に行ってきました。半分以上が,長者原周辺の湿原と指山自然観察路と呼ばれる比較的平坦な散歩道でしたが,観察路の途中にある登山口(1200m弱か)から指山頂上(1449m)までは,初心者コースとはいえ,久しぶりの山登りの年寄りには,結構ハードで,なんども息切れで休み休みの登りでした。急に景色が開けたと思うと,すぐそこに頂上が見えました。比較的広い頂上の広場は,深山霧島の群落におおわれていました。

 

0